アクセス解析

2017.04.27 #76 阿部孝一さん(ブレイン・ワークス株式会社 社長)

多くの出会い、そしていま、経営者の自分史出版のお手伝いへ

番組の動画です

 

実際に放送された音声はこちら

 

本日の内容

多くの出会い、そしていま、経営者の自分史出版のお手伝いへ

2017年4月27日(木)第76回のゲストは、広告制作会社 ブレイン・ワークス株式会社 代表取締役社長の 阿部孝一さんです。

おじさまの紹介で金融機関への入社が可能だった阿部さんですが、試験内容に疑問を持ち、ほかにも受けてみた会社のひとつが株式会社セント でした。そこでセントの創業者である本間正樹さんにやる気を問われ「君がウチに来るならたくさんの経営者に会えるぞ」という言葉や、本間さんの魅力、そして会社の若々しさに惹かれて入社を決めたそうです。

2015年、長く勤め上げた株式会社セント を定年退職した阿部さんは、今後は自分が楽しくワクワクするようなことで世の中の役に立ちたいと考え、セント時代にたくさんの経営者と出会って多くの学びをいただいたことを思い出しました。そして、東北の経済をつくってきた人達の思いや経験が形として残されていないことに気が付き、自分がそれを本にしようと決意しました。

そんな阿部さんにある日、東洋ワークグループの須佐オーナーから「ウチの子会社の社長にならないか?」という打診が。阿部さんは、ご自身の決意を述べ「年賀状も刷ってしまった」と伝えると、須佐オーナーはじっと考えこみ、「ところで君、これはもう出したのか?」

実は阿部さんは、年賀状は印刷したものの、ちょうどその翌日から書き上げようと思っていたため、まだ一枚も投函していなかったのです。「”今日”会いたいと思った。まだ間に合う。週末に奥さんと相談してほしい」

そういった経緯を経て、阿部さんは ブレイン・ワークス株式会社 に入社し、そこで経営者の自叙伝出版に取り組むことになりました。

阿部さんが手がける東北経営者の自伝出版シリーズの名前は『相伝選書』(金港堂で販売中)。一般向けというよりは、会社が長く続いていくための経営者の思いを、未来の友人、未来の家族に向けて書く位置づけだそうです。そのため、徹底的に取材をしてご本人が納得するまでコミュニケーションをとりながら、様々な手法とスタイルで進めていきます。

第1冊目の『やり尽くす。 : ホシヤマ珈琲店の選択』が完成し、尊敬する神渡良平さんが山形にいらしたときにそのご報告に伺ったところ、「ホテルで読みだしたら止まらず次の日の新幹線の中でも読み続けた、素晴らしい」という激励の手紙をいただいたとのこと。また神渡さんからは、後日、「著者の言うことだけを書いてはダメだ、君というフィルターを通してまとめて差し上げなさい」という懇親のアドバイスもいただいたそうです。

阿部さんのお話を伺いながら、阿部さんが関わるからこそ、深みと味わいのある本が仕上がるのだと感じました。番組中盤では、阿部さんが音痴を直したいと思ってシャンソン歌手の宗久真紀さんに歌を習いに行ったエピソードなども伺い、大変内容の濃い30分となりました。

※当日の放送メモはこちらです。

(パーソナリティ 笹崎久美子)

オンエア風景(当日のFacebookリアルタイム配信)

 

 

スタジオPHOTO

 

出演者データ

お名前 阿部孝一さんFacebook
肩書 ブレイン・ワークス株式会社 代表取締役社長(Homepage
会社の業種 デザインプロダクション(デザイン・印刷・広告制作)
今取り組んでいること 東北の経営者の自叙伝シリーズ『相伝選書』出版
会社住所 〒981-0811 仙台市青葉区一番町2丁目6-16 シントウビル8F(MAP
連絡先 阿部さん携帯  080-9017-7183  TEL 022-262-6196 FAX 022-262-6472

 

 

当日オンエアした阿部孝一さんのリクエスト曲

★「愛の賛歌」越路吹雪/発表は1950年代
ひとこと:歌の個人レッスンを受けていた曲です。
※一部のスマートフォンでは別画面が開きます。

 

放送データ

ゲスト/阿部孝一さん(ブレイン・ワークス株式会社 代表取締役社長)、パーソナリティ/笹崎久美子(人材育成コンサルタント、ワッツ・ビジョン 代表)、ミキサー/庄子康裕(経営コンサルタント 、ヒューマンコネクト代表)、放送局エフエムたいはく(78.9MHz)、放送日時/2017年4月27日(木)19:30~20:00 ※生放送

 

当日の放送音源です

※iPhoneをお持ちの方は以下の「iTunes」と書かれたリンク先で番組のPodcast試聴と自動配信の購読登録ができます。
※曲の部分はカットしてあります。

↓↓↓応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

No Comments

Leave a Comment